セロトニンサプリメントの副作用

セロトニンサプリメントの副作用

セロトニンサプリメントはうつや不眠に効くということで摂取する人が増加しています。人気のセロトニンサプリメントですが副作用はないのでしょうか。セロトニンサプリメントは、許容量をオーバーして摂取しすぎた場合、副作用のような症状が出ることがあります。

 

もしもセロトニンサプリメントを飲みすぎてしまった場合は、セロトニン症候群の危険性があります。セロトニン症候群とはめまいや頭痛、吐き気などが主な症状です。重度のものになると死に至る場合もあるのが怖いところです。具体的な症状は人によって様々で、体温が異常に上昇したり、心拍数が増えるなど、自律神経に影響が出ることもあります。

 

セロトニンサプリメントによる副作用は、サプリメントの過剰摂取に加えてSSRIという抗うつ剤との相互作用で引き起こされる場合もあります。SSRIは日本やアメリカで大変人気の抗うつ剤で、軽いうつ状態でもよく処方されている薬です。SSRIを手にいれるには、日本では心療内科などで処方してもらう必要があります。

 

SSRIを使っている人がセロトニンサプリメントを使う時は要注意です。SSRIだけでなく、お酒ともセロトニンサプリメントは弊害が出ることがあります。飲酒をした後にセロトニンサプリメントを摂取するのは避けた方が無難です。使用上の注意をよくチェックして、適切な飲み方でセロトニンサプリメントを使ってください。